大敗北について、Keiの考察

日記

大敗北を考え、今後に繋げる

今回の▲35万円を無駄にしないため、なるべく客観的に分析して、次に繋げたいと思います。

どうしてこんな事になったのか?

事実の誤認

5週連続で勝っていました。

この時思ったことは『小ロットならば、方向性を間違えなければ、ある程度適当にエントリーしても勝てる。』でした。

これは、相場が上昇トレンドであるという前提があれば成立するだけで、トレンドが崩れてしまったら成立しない考えでした。

その事実を誤認してしまったのが、最初のミスでした。

希望的観測を持ち続けた

相場は波、常に上下するということは疑いのない事実だと思います。

ただ、いつどこで反転するかなど、よほど莫大な資金を持って、相場を左右できる人(国・会社)以外はわかねはずもありません。

それなのに、私はまだ上昇が継続する、もう少し下がったら反転上昇する、まだ上昇が終わるわけがない、という希望的観測を持ち続けて、ロングポジションを切ることが出来ませんでした。

結局、切れたのは含み損が膨れあがり、もうメンタル的にも辛くなってからでした。

下手なナンピン

希望的観測をもとに、追加エントリー(ナンピン)を繰り返しました。

『少し下がるくらいなら逆に絶好のエントリーポイント』となんの根拠もなくナンピンを繰り返しました。

結果として、小ロットならある程度適当でも大丈夫、という考えも崩れました。

気が付けば、私の持てる最大ポジションの8割超えになっていました。

小ロット、つまり最初に決めていたのは2割程度だったのですが、それも守れていませんでした。

大きく勝ちたい

ここまでをしっかり認識していれば、こんな気持ちを持つこと自体なかったと思います。

ただ、当時の私は、これだけ大きなロットになったので反転上昇したら大きく勝てるのかも、と思ってもいました。

もちろん、全面的に勝てるとは思ってはいませんでしたが、5週連続で勝っていたときはこんな事を思っていました。

『せめて1週間に10万円は勝ちたい。』

ロットが増え、含み損が増えるスピードも速くなっている最中だというのに、私はバラ色の未来を見てしまっていました。

『反転したら、10万円どころではない収益が出るかも!』

▲35万円となった事実を鑑みれば、逆の可能性も皆無ではありません。

しかし、それは前提条件やルールを全く無視した、単なる妄想でした。

後戻り出来ない

含み損が、5週間のトータル収益を超えた辺りからはずっとこの意識でした。

『せっかく頑張った5週間を1回で失いたくない。』

その意識が、早期の損切りを邪魔しました。

含み損がさらに膨れ上がってからは、急いで取り返すことしか頭にありませんでした。

両建てによる短期勝負、他の通貨へのエントリーなど、普段ではやらない事を平気でやっていました。

それも結局は損を増やす機会を作っただけで、メンタル的にもさらに追い込まれました。

自暴自棄

最後は諦めでした。

他に良い方法があったのかも知れませんが、もう思考停止状態でした。

最終的には『今回は勉強と割り切ろう』と思って全決済をしました。

敗因のまとめ

①事実誤認でのトレード

②希望的観測によるトレード

③資金管理不足

④夢のような収益を想定したトレード

⑤過去に縛られたトレード

⑥メンタルの崩壊

解決策

①~⑥が正しい『敗因』であるとは思っていません。

ただ、今考えられる分析は私として以上となります。

それに基づいて解決策を考えると、行きつく先は、一つです。

それは『ルールの徹底遵守』です。

文章にしてみるとよくわかりますが、いずれの敗因も「曖昧さ」に起因するものになっています。

明確、かつ具体的なルールを決めて、それを遵守出来れば、①~⑥のほとんどは解決出来ると思っています。

問題は、そのルールをどうのように設定するか、です。

ルール

このルールは暫定です。

これから試行を繰り返して、より私に合ったものにしていきます。

ちなみに、あまりルールを多くすると、ルールを守ることが出来なくなりそうなので、2つだけに絞ってみました。

これからの結果報告記事は、このルールを徹底したか否かにも着目して書いていきたいと思います。

◇逆指値を必ず設定する

逆指値は最大30pipsとします。

このルールを徹底することで、早期の損切りが実行出来、①~⑥の対策となります。

◇エントリーは順張りだけとする

順張りの基準は、「日足」「4時間足」「1時間足」が同じトレンドであることです。

実は今までもチャートを見て「なんとなくこっちの方法かな」とエントリーしていましたが、それを明確化しました。

これで無駄なエントリーを避けたい考えです。

コメント

  1. kazu より:

    こんにちは😃
    お久しぶりです。お久しぶりですがTwitterやブログは毎日見ています 笑
    敗因の分析と今後の課題や対策読ませていただきました。
    一番感心した所が
    「文章にしてみるとよくわかりますが、いずれの敗因も「曖昧さ」に起因するものになっています。」
    始めたばかりなので曖昧になってしまうのは仕方ないのない事です。
    でも、それを明確にされて自分なりのルールの設定をする事が出来ています。暫定ルールとはいえ まずルールを設定してみる事は大事です。それでもマイナスに陥る局面は出て来ると思います。
    そうすると次は絶対動かさない自分なりのルールを明確に出来るようになると思います。頑張ってください。

    • Kei Kei より:

      コメントありがとうございます。

      恐縮してしまいますね。

      ルールは実行出来てこそだと思いますので、自分に厳しくしていきたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました